初石駅考察

  • author: ryu_shin2003
  • 2006年07月30日

◆駅概要 初石駅時刻表

 東武野田線つくばエクスプレス流山おおたかの森駅」の隣駅で、初石駅の南側に位置する住宅地は、流山おおたかの森駅まで徒歩圏内。

 もともとは田畑が多い地域であったが、古くからの宅地開発が進み、郊外の住宅地となっている。宅地が占める割合は多く、宅地供給も豊富である。道は狭いところも多くあり、一体化された開発ではないため、整然とした街並みにはなっていない。

 駅は西側のみ改札口があり、駅前は商店街がある。東側は改札がないため、駅前から住宅地となっている。駅から離れた場所にも、住宅地が多いため、生活商業施設はある。

 つくばエクスプレス開通により、南側エリアはダイレクトのアクセスも可能。初石駅利用の住宅地も隣駅ということでの利便性向上により需要は多く、地価も上がった。

 隣駅の江戸川台駅周辺よりは、小さい(安い)敷地から大きい(高い)敷地まであるため、幅広い需要に応えられる下地はある。

 駅周辺は、総じて高台の平坦地になり、坂道や高低差はほとんどないものの、浸水被害状況などを見ると、少し水害へのケアは必要か。

◇考察

・西初石、若葉台エリア

 TX流山おおたかの森駅へのアクセスが一番良く、街並みも整っていることから、同駅周辺のエリアの中では一番の人気になり、地価も高い。西初石で坪単価50万円超、若葉台エリアで45万円〜。

・東初石、美田エリア

 東初石の南側に位置するエリアや美田は、TX流山おおたかの森駅へもアクセスが可能ということで見直されている。現時点では、区画整理事業の遅れから道路がないため迂回する必要もあり所要時間もかかるが、事業完了後は日常支障がない程度の徒歩圏内。

 美田は古い雰囲気もあるものの道は規則正しい。東初石は少し複雑になり道幅が狭いことがネック。地盤や水害にはケアが必要なエリア。地価は坪単価45万円〜50万円程度。

 同じ東初石エリアでも北側に位置するエリアは初石駅の利用のみ。駅の改札も反対側になるため、やや交通利便性に劣る。しかし、駅周辺以外では、西側より同エリアの方が生活施設は整っている。

・西原、西柏台エリア

 同エリアは柏市に所在している。東初石のさらに東側(柏市としては西側なので地名に西が付く)にあたり、地域状況は上記東初石エリアと同じ。

 駅から離れることや道路事情などから地価は流山市に位置する住宅地よりも少し安く、坪単価45万円前後。

[PR] 東武野田線初石駅周辺の不動産情報をご希望の方は、ここをクリックしてご希望条件をお知らせ下さい。メールでの対応も可能です。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

ページトップに戻る▲